69KB

8-81 ● コガタルリハムシ Gastrophysa atrocyanea

2006年 3月 菊池市旭志 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● ギシギシの葉上にコガタルリハムシが見られる季節になった。 去年の5月に土中で羽化した後、そのまま翌春までの長い日時をそこで過ごしていたものだ。 二十四節気の啓蟄とはこれらの虫たちが地上に這い出る今頃の季節のことを意味する。 それにしても、♀の腹部の膨らみようは異常なほどの大きさで、交尾する♂が剥き出しの腹にしがみついている様は滑稽ですらある。 体長♂5mm、♀9mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system