70KB

8-79 ● ミツノゴミムシダマシ♂ Toxicum tricornutum

2006年 2月 阿蘇 鍋の平 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● ケヤキの根元の樹皮裏で越冬していたミツノゴミムシダマシで、頭部の二又状の角と褐色の毛束が生えた2本の角が特徴。 ではいずれも短い瘤状となる。 体長15mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system