70KB

8-77 ● ムネアカホソツツシンクイ♀ Lymexylon ruficolle

2005年 5月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ツツシンクイムシ科 Lymexylidae ● コナラ伐採木の木口のヒビ割れに尾端を差し込んで産卵中のムネアカホソツツシンクイ。 ♀の前胸背板は赤いが、♂では黒い。 ツツシンクイムシ科の仲間は日本に6種しか知られておらず、極めてマイナーな科の一つである。 この♀の上翅後端部はこのような体勢で産卵を続けてきたおかげでボロボロになっている。 体長12mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system