100KB

8-697 ● セモンジンガサハムシ Cassida versicolor

2012年 3月 熊本市立田山 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● ツブラジイのひこ生え葉裏にいたセモンジンガサハムシ。 これは上翅スカート部分の後部に黒斑を現わすタイプ。 本種はヒメカメノコハムシとは違って、樹皮の隙間ではなく、常緑樹の葉の裏側で成虫越冬をするものらしく、各種シイノキやツバキ、キンモクセイなどでも見つかった。 体長5mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system