120KB

8-694 ● コマルムネゴミムシダマシ Tarpela brunnea

2012年 3月 熊本市立田山 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 立田山山頂付近のイスノキの樹皮裏で越冬中のコマルムネゴミムシダマシ。 触角の曲がり具合はまだ眠っている証拠で、眼を覚ませばピンと真っ直ぐに伸ばす筈である。 体長11mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system