100KB

8-682 ● オオクチカクシゾウムシ Syrotelus septentrionalis

2004年 6月 中津江村酒呑童子山 (大分)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● イタドリの葉上で見つけた初物のゾウムシは前胸背や鞘翅の白斑などでオオクチカクシゾウムシに同定できた。 何より上翅端が小さく尖る点も決め手の一つとなった。 クチカクシゾウムシも、口吻を伸ばした姿はゾウムシそのものである。 体長10mm(口吻を除く)。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system