99KB

8-678 ● キイロクビナガハムシ Lilioceris rugata

2011年 12月 菊池市旭志 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● ケヤキの樹皮下、樹幹側で冬眠中のキイロクビナガハムシ。 食草がヤマノイモやオニドコロなので、周囲にそれらが繁茂していたケヤキの樹皮の隙間からはよく見つかる。 肢を縮め、触角も体下に隠すこのポーズが越冬時のスタイルである。 体長8mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system