119KB

8-676 ● ミヤマオビオオキノコムシ Episcapha gorhami

2012年 1月 熊本市立田山 (熊本)

● オオキノコムシ科 Erotylidae ● イチイガシの大きく剥がれた樹皮下で集団越冬していたミヤマオビオオキノコムシ。 これら1cmほどの甲虫にも体温があるのなら、このように体を寄せ合っていた方が少しなりとも冬の寒さを凌げるというものだろう。 トビイロマルハナノミもちゃっかり仲間に加わっていた。 体長10〜12mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system