98KB

8-598 ● ミツノゴミムシダマシ♂ Toxicum tricornutum

2011年 3月 上津江町川原 (大分)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 巨木とも言えるイチイガシが大きな岩を根元に抱えるように聳えていた。 根際の湿った樹皮を剥がすと、やゝ大型のゴミムシダマシが岩の上に転がり落ちた。 歩き出した姿は頭部に3本の角を持つミツノゴミムシダマシの♂である。 3本の内2本には褐色の毛塊を生やしている。 久し振り(約4年半振り)の嬉しい出会いとなった。 体長21mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system