100KB

8-588 ● コマルムネゴミムシダマシ Tarpela brunnea

2011年 3月 上津江町川原 (大分)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 朝方まで降り続いた雨で樹幹の樹皮はまだ湿った状態。 このコマルムネゴミムシダマシが眠っていた樹皮裏はチョコレート色に濡れて光っていた。 上手い具合に2ヶ所の突起に体を引っかけて落下防止を目論んでいるように見える。 体長9mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system