50KB

8-58 ● ヒメキマワリ Plesiophthalmus laevicollis

2005年 5月 阿蘇郡産山村 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 地衣類が付着したクヌギの伐採木の小枝上にいたヒメキマワリで、キマワリよりはずっと小型の体長12mmだが、体には強い光沢がある。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system