99KB

8-523 ● ホソヒゲナガキマワリ Ainu tenuicornis

2010年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 遊歩道の防護柵上にいた非常に細長い触角を持ったゴミムシダマシの一種は見た目そのまゝのホソヒゲナガキマワリであった。 ナガキマワリの仲間には青や紫の金属光沢を現わすものがいて、なかなか美しいゴミムシダマシの一グループである。 体長11mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system