100KB

8-522 ● ハダカヒゲボソゾウムシ Phyllobius subnudus

2010年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● イタドリの若葉の裏側でペアとなっていた真っ黒なゾウムシはハダカヒゲボソゾウムシのようだ。 羽化直後の個体には鱗片があるらしいが、本種のものはすぐに脱落してしまうということだ。 前ページのミヤマヒゲボソゾウムシと、同じイタドリの群落で多数の個体が混棲していた。 体長♂5mm、♀6mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system