50KB

8-49 ● クロコブゾウムシ Niphades variegatus

2005年 5月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● カヤの大木の伐採木上で見つけたゾウムシの一種で、前胸背板と上翅に黒い顆粒状の瘤を散らすことが種名の由来。 幼虫は針葉樹伐採木の樹皮下を食べるので、産卵のために飛来したもののようだ。 体長10mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system