100KB

8-449 ● クロオビセマルヒラタムシ Psammoecus fasciatus

2009年 11月 阿蘇 鍋の平 (熊本)

● ヒラタムシ科 Cucujidae ● 晩秋の低い日差しを浴びて、ケヤキの樹皮裏と同じ色合いに見える小甲虫。 鞘翅に黒帯があったお陰で、図鑑のヒラタムシ科のページにクロオビセマルヒラタムシの姿を見出すことができた。 越冬中のヒラタムシの仲間を見るのはこれで本種を含めてベニヒラタムシヒメヒラタムシの3種になった。 狭い樹皮下での越冬昆虫は小型種が圧倒的に多く、このヒラタムシの体長も3mm足らず。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system