119KB

8-428 ● タケトゲハムシ Dactylispa issikii

2009年 6月 山都町二瀬本 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● タケ類の葉の表面を白く後食していたタケトゲハムシは、触角と各肢が赤褐色を呈することが他のトゲハムシとの顕著な相違点で、食草との関係で種を間違うことはまずない。 体中に生えた鋭い棘はアリなどの攻撃に対しては有効なのだろう。 体長4.5mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system