117KB

8-417 ● ベニホシハマキチョッキリ Byctiscus puberulus regalis

2009年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分)

● オトシブミ科 Attelabidae ● イタドリの若葉を枝ごと棒状に丸めて揺籃の代わりにするドロハマキチョッキリ。 緑色金属光沢の上翅に紅色の斑紋を現わすものはベニホシハマキチョッキリと呼ばれ、ドロハマキチョッキリの地方変異の一つとされているが、この美しさはアカガネサルハムシに通じるものがある。 ♂は前胸背板前縁の両側に前方に向かって短く鋭い棘を具え、♀にはそれがない点で雌雄の区別は容易にできる。 体長8mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system