94KB

8-410 ● カバノキハムシ Syneta adamsi

2009年 5月 中津江村酒呑童子山 (大分)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● カンバ類やシデ類などをホストにするため、カバノキハムシと名付けられている。 体色に変化があり、上翅周辺部や会合線の黒色部が消失する個体もいる。 甲虫のツヤのあるボディ にはからっきし意気地のないコンデジのAFも、このような点刻のハッキリした被写体に対しては気持ち良く合焦してくれる。 体長5mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system