97KB

8-408 ● コナラシギゾウムシ♂ Curculio dentipes

2009年 4月 熊本市立田山 (熊本)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● 去年、ビーティングで♀が落ちたコナラの枝から、今年は♂のコナラシギゾウムシが落下した。 雌雄の違いは一見して口吻の長さにあることが判る。 ♀では体長と同じ程の長さだが、♂はその2/3位である。 コナラシギゾウムシの♀はドングリの実に長い口吻で穴を開け、奥深くの種子に産卵する。 体長9mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system