93KB

8-393 ● オキナワトビサルハムシ九州亜種 Trichochrysea okinawana meridiojaponica

2009年 4月 大津町矢護山 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● スベスベした体表のハムシが多い中にあって、全体剛毛に被われた本種はむしろ珍しい部類に属するだろう。 若葉の伸び切った今頃のサクラの枝を叩くと、ほぼ100%の確率で落ちて来る。 しかし、落下したトビサルハムシは逃げ足も速く、すぐに飛ぼうとするので、撮影するのはなかなか難しい。 九州に産するものはオキナワトビサルハムシ九州亜種であるということだ。 体長7mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system