50KB

8-38 ● ミツノゴミムシダマシ♂ Toxicum tricornutum

2005年 3月 菊池郡旭志村 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 広葉樹の朽木から出て来た細長い体のミツノゴミムシダマシは♂の頭部に3本の角をもつが、この個体の先端の角は大きくよく発達し、両側の2本も長く、前面に褐色の毛塊が房状に生えている。 体長16mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system