99KB

8-365 ● ツマキタマノミハムシ Sphaeroderma apicale

2009年 2月 阿蘇 鍋の平 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● ケヤキの樹皮裏で越冬中の極小ハムシ。 体長は僅かに2mm。 オレンジ色の前胸背板基部の黒紋と肢が赤褐色であることからツマキタマノミハムシに同定できた。 ノミハムシの仲間は後肢腿節が太く発達していて、ノミのようにピンと跳ねて逃げてしまうが、冬場では流石に跳ぶことはなかった。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system