119KB

8-361 ● カシルリオトシブミ Euops splendidus

2009年 2月 阿蘇 鍋の平 (熊本)

● オトシブミ科 Attelabidae ● ケヤキの樹皮裏で越冬していたカシルリオトシブミ。 日差しを浴びて完全に目を覚まし、歩き始めたところのスナップ。 樹皮の窪みで縮こまっていた時は非常に小さく感じたが、長い各肢を伸ばした姿は結構な大きさだ。 上翅の瑠璃色は深みのある青さで美しい。 体長3.5mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system