100KB

8-347 ● キマダラケシキスイ ヒメカメノコハムシ Soronia japonicaCassida piperata

2008年 11月 菊池市旭志 (熊本)

● ケシキスイ科 Nitidulidae /ハムシ科 Chrysomelidae ● ヒメカメノコハムシ(左:体長4.5mm)は夏の間イノコヅチの葉を食べている小型のカメノコハムシだが、ケヤキの樹皮裏で越冬する常連さんである。 そして、その隣にいるのがキマダラケシキスイ(種名は Mr. Soda’s Gallery の粗朶氏に御教示いただいた)という、こちらも体長5mmの小甲虫。 全く別種の両者が同じ体色、斑紋で枕を並べて越冬しているこのツーショットの不思議さ。 お互い越冬仲間を間違えたのだろうか、やはり、不思議である。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system