50KB

8-28 ● ツヤヒサゴゴミムシダマシ Misolampidius okumurai

2005年 2月 阿蘇 色見 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 適度に腐朽したマツの伐採木の樹皮裏で越冬していたゴミムシダマシの一種(体長15mm)で、体表に艶があるのでツヤヒサゴゴミムシダマシのようだ。 各肢腿節が太く発達していて、体形はある種のゾウムシに似ている。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system