98KB

8-269 ● マダラアラゲサルハムシ Demotina fasciculata

2008年 3月 熊本市立田山 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● ツブラジイの樹皮裏で越冬中のマダラアラゲサルハムシ(別名、マダラカサハラハムシ)。 両肩から上翅中央にかけての三角形の黒色部が特徴で、全体、肢にまで生えた短毛が「荒毛」という種名の一部となっている。 かなり乾燥した樹皮の色調とこの越冬中の個体の色調は実によくマッチしたものだと思う。 体長4mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system