70KB

8-257 ● スジコガシラゴミムシダマシ Heterotarsus carinula

2008年 1月 阿蘇 色見 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● トウカエデ根際の樹皮下で10数頭が集団越冬中だったスジコガシラゴミムシダマシの内の2頭。 肢と触角を縮めてすっかり寝込んでいる様子だ。 トウカエデの樹皮はケヤキなどと違い、ナンキンハゼに似て幾重にも薄皮状に浮き上がるタイプなので隙間が多く、集団越冬をする昆虫がよく見られる。 体長10mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system