49KB

8-24 ● ヨツコブゴミムシダマシ♂ Uloma bonzica

2005年 1月 菊鹿町八方ヶ岳 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● クヌギの朽木にいたゴミムシダマシの一種で、♂の前胸前縁中央部が半円形に凹み、その周囲に4個の瘤状突起があるので、ヨツコブの種名を貰っている。 全体に強い光沢があり、各肢や触角、小腮枝は赤褐色。 前肢脛節が幅広く、しかも鋸状に発達しているのは材に進入するためのものだろう。 体長10mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system