69KB

8-235 ● トビイロマルハナノミ Scirtes japonicus

2007年 12月 熊本市立田山 (熊本)

● マルハナノミ科 Helodidae ● ツブラジイの樹皮を剥がす度にピンと跳び撥ねて逃げてしまう越冬中のマルハナノミの仲間。 幼虫は水棲なので近くの池から飛来したものだ。 体の両側に三角形にはみ出しているのは太く発達した後肢腿節で、これが跳躍力の源である。 また、体表には微毛が密生していて、光が当たった毛が白く見えている。 体長4mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system