50KB

8-23 ● ナガニジゴミムシダマシ Ceropria induta

2005年 1月 大津町矢護山 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● クヌギの伐採木に隙間の出来た樹皮の内側で1匹だけで越冬していたナガニジゴミムシダマシ(体長10mm)。 上翅の4ヶ所に油膜状の虹彩を表わす美しい甲虫である。 樹皮を裏返しにされて甚だ迷惑そうだったが、しばらくして日陰の方に隠れてしまった。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system