69KB

8-216 ● キマワリ Plesiophthalmus nigrocyaneus

2007年 8月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 数多く目にするキマワリだが、交尾シーンには初めて出合った。 コナラ伐採木の木口で、こうして雌雄が一緒にいるところを見ると、大きさや体型の差がよく判る。 体長♂15mm、♀18mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system