70KB

8-208 ● カレキゾウムシの一種

2007年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● 朽ちかけたコナラ伐採木の木口で交尾中の超小型のゾウムシのペアは体に短いトゲを生やし、象の鼻のような曲がった口吻が特徴。 ♂♀単独でいる時は本当に小さく、ゴミかと思ってしまうほどだ。 種名はまだ確定できず、取り敢えずカレキゾウムシの一種としておく。 体長♂2.5mm、♀3.5mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system