69KB

8-192 ● アカハムシダマシ Arthromacra sumptuosa

2007年 6月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ハムシダマシ科 Lagriidae ● チダケサシ(ユキノシタ科チダケサシ属)の若葉に止まっていた赤紫色のハムシダマシはアカハムシダマシなのか、図鑑には分布域に九州の記載がなく、単なるアオハムシダマシの色違いかもしれないが、余りに美事な赤紫色なので、一応アカハムシダマシ(体長10mm)としておく。 余談ながら「西東社刊、FIELD PHOTOGRAPH 山野草」には、チダケサシの植物名は「乳茸刺し」のことで、傷を付けると白い乳液を出すチチタケ(食用)をチダケサシの茎に刺して持ち帰る長野県地方の習慣によるとある。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system