68KB

8-189 ● ミヤマヒゲボソゾウムシ♂ Phyllobius annectens

2007年 5月 阿蘇郡産山村 (熊本)

● ゾウムシ科 Curculionidae ● 前回、体表の鱗片が剥げ落ちた個体を掲載したが、やはり青緑色の鱗片が残っているものの方が綺麗である。 しかし、この鱗片はすぐに脱落してしまうらしく、余程新鮮な個体でないとその美しい姿を見ることはできない。 標高1000mに近い「うぶやまヒゴタイ公園」内では5月下旬が発生初期であったようだ。 リンゴコフキゾウムシに酷似するが、後肢脛節の幅が先へ向かって広がる点で区別できる。 体長9mm。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system