69KB

8-150 ● コマルムネゴミムシダマシ Tarpela brunnea

2007年 2月 熊本市立田山 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● 葉の裏が銀褐色を呈するツブラジイの樹皮下で越冬中のコマルムネゴミムシダマシ。 ゴミムシの類に似るが、触角の形状は明らかにゴミムシダマシのものである。 体長8mm。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system