70KB

8-149 ● ツヤヒサゴゴミムシダマシ Misolampidius okumurai

2007年 1月 大津町矢護山 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● ヒノキの切株の乾燥した部分で3頭一緒に越冬していたツヤヒサゴゴミムシダマシ。 今冬はこのゴミムシダマシの当たり年なのか、あちこちの朽木崩しで計20数頭に出合ってしまった。 体長15〜16mmのツヤヒサゴゴミムシダマシは艶々した瓢箪形のボディ と太い腿節とで、非常にマッチョな印象を受ける。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system