82KB

8-12 ● キマワリ Plesiophthalmus nigrocyaneus

2003年 7月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● ゴミムシダマシ科 Tenebrionidae ● キマワリの複眼は前面が平たく前方を向いているので、まるでサングラスでもかけているかのように見える。 たまたまフキの大きな葉の上に登ってきたところを、撮影倍率2倍でクローズアップしてみた。 斧状の小腮枝やタラコ口をした下唇など、何とも変わった表情が愉快(無気味?)だ。


Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system