70KB

8-07 ● イチモンジカメノコハムシと幼虫 Thlaspida biramosa

2002年 7月 大津町矢護山 (熊本)

● ハムシ科 Chrysomelidae ● (上)はイチモンジカメノコハムシの幼虫。 棘だらけの体の上に脱皮した脱け殻を載せていて、ちょっとしたカムフラージュのつもりらしい。 棘は結構しっかりしたもので、軟らかくはない。 (下)の成虫の半透明の甲羅のような上翅の材料になるのではないかと思いたくなる。 落葉低木のムラサキシキブ(クマツヅラ科ムラサキシキブ属)が食樹。 食痕のある葉裏でよく見つかる。 日本産ジンガサハムシ亜科の最大種で、体長は9mm前後。

Top Page | GalleryG | Index | prev | next

inserted by FC2 system