61KB

7-21 オオクチキムシ Allecula fuliginosa

2005年 1月 合志町飯高山 (熊本)

● クチキムシ科 Alleculidae ● 立ち枯れたコナラの朽木の根際の樹皮を剥がしたところに出てきた越冬中のオオクチキムシ(体長15mm)。 クチキムシの体表には光沢があるが、オオクチキムシには光沢がない。 越冬中の甲虫は樹皮下の適度な湿り気のある場所にいることが多い。 実はこの写真は Mr. Soda’s Gallery の粗朶氏に触発されて新しく購入した Nikon Coolpix 4500 による、また、氏のご指導により実現した、記念すべき第1枚目の甲虫写真である。

Top Page | GalleryF | Index | prev | next

inserted by FC2 system