50KB

3-57 ● ミヤマカラスアゲハ Papilio maackii

2005年 9月 山鹿市八方ヶ岳 (熊本)

● アゲハチョウ科 Papilionidae ● 岩清水が滴り落ちる樹陰の登山道で吸水するミヤマカラスアゲハの♂で、8月下旬〜9月上旬に発生する個体は今年の第2化にあたる。 翅表の緑色と青藍色鱗粉の輝きは幻想的な美しさだ。 前翅下部に見える黒いビロード状長毛は発香鱗と呼ばれ、♂の特徴となるものである。 前翅長約70mm。

Top Page | GalleryB | Index | prev | next

inserted by FC2 system