49KB

1-53 ● ヒナバッタ幼虫 Chorthippus brunneus

2005年 8月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● バッタ科 Acrididae ● ススキの葉にちょこんと止まっていたバッタの幼虫(体長15mm)。 前胸背板の後端が尖っていないので、ヒナバッタのようだ。 8月下旬の今頃はバッタの仲間の多くが成熟する季節で、幼虫、成虫が混棲して見られた。

Top Page | Gallery@ | Index | prev | next

inserted by FC2 system