100KB

1-248 ● エサキモンキツノカメムシ Sastragala esakii

2009年 2月 熊本市立田山 (熊本)

● ツノカメムシ科 Acanthosomatidae ● ツブラジイの樹皮裏で越冬していたエサキモンキツノカメムシ。 暫らく西日を浴びたため、折り畳んでいた触角を伸ばして歩き始めてしまった。 越冬場所の環境が良かったからか体色も色褪せず、小楯板の黄色いハート紋が鮮やかだ。 体長10.5mm。


Top Page | Gallery@ | Index | prev | next

inserted by FC2 system