69KB

1-122 ● ショウリョウバッタ♀ Acrida cinerea

2006年 9月 菊池市菊池渓谷 (熊本)

● バッタ科 Acrididae ● 雌雄で大きさが極端に異なるショウリョウバッタの♀で、体長は70mm(翅端まで80mm)もあり、日本産バッタ類中最大級。 ♂の体長は半分の40mm。 体色には数タイプが見られ、緑色型、褐色型、それらの混合型などの内、これは緑色型にピンクが現れた個体。 昔は川の堤防の草原に個体数も多く、子供達のよい遊び相手となってくれたものである。


Top Page | Gallery@ | Index | prev | next

inserted by FC2 system